HOME > ブログ > しみ > ピコレーザー論文集(タトゥー除去を除く)
pagetop

ピコレーザー論文集(タトゥー除去を除く)

ピコレーザーに関する気になる論文をまとめました。

ピコレーザーは1兆分の1秒の単位でレーザーを照射する機械で、タトゥー除去、シミ治療、肝斑治療、シワ治療、ニキビ跡治療に用いられています。今回はタトゥーに関しては割愛致しました。

 

①Efficacy and safety of a novel picosecond laser using combination of 1 064 and 595 nm on patients with melasma: A prospective, randomized, multicenter, split-face, 2% hydroquinone cream-controlled clinical trial.

Choi Yらによると、肝斑に対する1064/595nmのピコレーザーによるトーニングで、患者の顔の半分はピコレーザー(毎週、計5回)+ハイドロキノン2%、逆側の半分はハイドロキノン2%のみの試験を行ったところ、顕著な改善が見られた割合は

ピコレーザー(毎週、計5回)+ハイドロキノン2%を行った群:76.92%

ハイドロキノン2%のみの群:2.56%

で、ピコレーザーによる肝斑への効果が確認されたとしています。

②Safety and efficacy of a novel diffractive lens array using a picosecond 755 nm alexandrite laser for treatment of wrinkles.

Weiss RAらによると755nmのピコフラクショナルレーザーにおいて、1ヶ月に一度4回の試験にて、シワの改善率を測定したところFitzpatrick wrinkle score(シワの程度を表すスコアで世界的にもよく使われる)が平均5.48から、平均3.47まで改善したと報告されています。

施術した医師たちは1ヶ月後97.4%、6ヶ月後89.5%が極めて満足度が高いと答えました。

写真は論文よりお借りしました。

③Evaluation of the safety and efficacy of the picosecond alexandrite laser with specialized lens array for treatment of the photoaging décolletage.

アメリカのWu DCらによると、ピコフラクショナルレーザーでデコルテの光老化(しみ、いぼ、肌質の低下)に対して治療を行なっています。3週間に1回、合計4回の治療で、大部分の患者が満足したと報告しています。

 

④A split-face study: comparison of picosecond alexandrite laser and Q-switched Nd:YAG laser in the treatment of melasma in Asians.

様々な機械を使ってアジア人の肝斑に対するトーニング治療が行われていますが、台湾のLee MCらによると右顔面にQスイッチYAGレーザートーニング、左顔面にピコアレキサンドライトレーザートーニングを使った結果、ピコレーザーの方がより早く、より綺麗に肝斑を治療することができたとしています。

⑤Treatment of Melasma and Post-Inflammatory Hyperpigmentation by a Picosecond 755-nm Alexandrite Laser in Asian Patients

Ye Jin LeeらによるとQスイッチレーザーによるトーニングで反応しなくなった肝斑の患者2名とPIH(炎症後色素沈着)の患者1名に対してピコアレキサンドライトレーザーを照射したところ、改善がみられた報告しています。

⑥A Prospective Split-Face Study of the Picosecond Alexandrite Laser With Specialized Lens Array for Facial Photoaging in Chinese.

Ge Y,らによると中国の患者に対して、当院でピコフラクショナルとして施術しているレンズアレイを使った4回の治療で、小じわ、しみいずれにも効果があったと報告しています。シミよりも小じわに高い効果があったと報告しています。

⑦Picosecond pulse duration laser treatment for dermal melanocytosis in Asians : A retrospective review.

Ohshiro Tらによるとアレキサンドライトピコレーザーの使用でメラノサイト系病変(太田母斑、異所性蒙古斑、蒙古斑)の治療において優れた効果がみられたと報告しています。

⑧Use of a picosecond pulse duration laser with specialized optic for treatment of facial acne scarring.

Brauer JAらによると、当院でピコフラクショナルレーザーと呼んでいる特殊レンズを用いたピコレーザーの治療を、ニキビ跡でお困りの患者20名に6回治療を行ったところ、平均するとニキビ跡のボリュームが24.3%減少したと報告しています。

 

まとめ

印象的なのはピコトーニングによる肝斑に対する効果や、ピコフラクショナルレーザーによるニキビ跡の効果が高く評価されている点です。お困りの方はご相談くださいませ。

 

 

 

理事長ブログ | しみ しわ ニキビ痕 | comments(0) | trackbaks(0)

【志木院】H29年10月美容実績

志木院スタッフです。

10月の美容実績のご報告をいたします。

 

・フォトフェイシャル:24件

・イオン導入:8件

・ケミカルピーリング:9件

・ヒアルロン酸注入:13件

・ボトックス、リジェノックス注射:9件

・BNLS注射:0件

・プラセンタ注射:9件

・CO2レーザー:40件

・Qスイッチレーザー:14件

・ダーマペン:2件

・HARG:0件

・ピアス、物販123件

 

 

美容治療(特にフォトフェイシャル、イオン導入など)は現在予約が取りやすい状態です。

フォトフェイシャル(シミ、そばかす、赤ら顔など)【初回:10.000円〜】

イオン導入(美白、ハリ、肝斑、アンチエイジングなど)【1回:8.000円〜】

ダウンタイムもほぼなく、エステに行く感覚で美肌治療が可能です!

ご相談だけ、も大歓迎ですのでお気軽にお問い合わせください

 

 

お肌のお悩みなら【志木はなふさ皮膚科】へ

お問い合わせはこちらから048−424−3726

 

Qスイッチレーザー打ち放題コース始まります!

顔や手背、前腕にたくさんシミがあってお困りの方に朗報です。

Qスイッチレーザー、いわゆるシミレーザーの切り札ですが、それを打ち放題にてご案内できるようになりました。

Qスイッチレーザーは1,000,000,000分の50秒ほどの時間に、レーザーを照射する機会で、当院ではQスイッチアレクサンドライトレーザーという機器を採用しています。アレクサンドライトレーザーというのは、シミの色素に選択性の高い波長で、さらにそれを超短時間で照射することで、色素から熱が逃げる間もなく、あっという間に熱を与え色素を破壊してしまう、というものです。周囲の組織へのダメージが少ないので、傷跡になったりすることなくシミを取るレーザーです。

半年の間であれば、何回でも治療を受けていただけます。

「どれくらい費用がかかるのか不安」、「何回治療したらいいかわからなくて不安」、「いくら費用がかかるか不安」といった方に最適ではないかと思います。

特に手背や腕は、何度かレーザーを照射しないと取れないことが多く、不安な方が多かったと思います。これらの位置は1か月〜2か月に一回ほど治療をしてもいいかと存じます。

ただし、お顔の場合はQスイッチレーザー後は色素沈着になりやすいですので色素沈着の部分には追加照射しないことが大事です。

 

顔面シミとり放題(半年間有効)

300000円

両手背シミとり放題コース(半年間有効)

200000円

両手背、前腕シミとり放題コース(半年間有効)

450000円

理事長ブログ | 未分類 しみ | comments(0) | trackbaks(0)

ピコレーザーの効果について

新座院ではピコレーザーをこの春から導入しています。

ピコレーザーとは、1兆分の1秒の単位でレーザーを照射するマシンで、シミや刺青を取るに最適なレーザーとして全世界で注目されているレーザーです。

これまでのQスイッチレーザーは10億分の1秒の単位でレーザーを照射する機械ですので、ピコレーザーはその1000分の1秒のレベルでレーザーを照射することができるというわけです。

いずれも日常生活から考えると、極めて短い時間ですので、それにどのような差があるのか?という疑問が生じると思うのですが、実は大きな違いがあります。

照射されたレーザーはターゲットとなる色素に吸収された後は、エネルギー保存の法則に従い、熱や音、衝撃などに変換されるのですが、これまでのレーザーは熱に変換されたエネルギーがターゲットを破壊する、というプロセスを踏んできました。

それに対して、ピコレーザーは熱はそれほど大きな意味を持たず、色素内で生じた衝撃波で色素を破壊していることがわかっています。
衝撃波というとかなり怖いイメージがあると思うのですが、実際にレーザーを受けてみると肌で感じる衝撃はこれまでのQスイッチレーザーよりかなり優しく、痛みも少ないです。

熱に変換されにくい分、レーザーに伴う炎症後色素沈着が少なくてすみます。これまでのQスイッチレーザーではシミの治療後、約半数の炎症後色素沈着が生じ、それが消えるまでに数ヶ月要する、という弱点がありましたが、ピコレーザーの場合、それらのリスクが大いに軽減されることが期待されます。

例えば、淡い肝斑があり、その上に老人性色素斑が乗っている場合などは、Qスイッチレーザーを行うのはかなり躊躇されるのですが、ピコレーザーなら比較的安全に治療を行えると予想されます。

刺青に関しても、これまで10回、治療しても消えなかったような刺青が、3回程度の治療で消せるようになりました。黒だけでなく、いろいろな色にも対応可能です。

ぜひ、シミや刺青でお困りの方は新座院のピコレーザーをお試しくださいませ。

お気軽にお問い合わせくださいませ。

理事長ブログ | しみ 刺青 | comments(0) | trackbaks(0)

ピコレーザーを導入しました!

話題のピコレーザーを導入しました!高額なため
日本でもまだそれほど導入が進んでいない、ピコレーザーを新座はなふさ皮膚科に導入いたしました。ピコレーザーは文字どおり、ピコ秒(すなわち1秒のマイナス9乗秒の単位)のうちにレーザーを照射するマシンです。シミやくすみ、刺青の治療に最適で、世界的にも最もホットなマシンの一つかと思います。

どうしてそんなに短い時間でレーザーを照射すればいいかというと、ほんのすこしだけ解説しておくと、
シミ治療はメラノソーム(メラニンの入った袋)を選択的に破壊することが重要ですが、選択的に破壊するためには
・レーザーの波長そのものが、メラニンすなわち黒に選択性が高いこと
・メラノソームを破壊するのに十分な熱量があること
・ターゲットになるメラノソームに届くこと
などが必要ですが、さらに、熱緩和時間以内で照射することが必要です。

熱緩和時間というのは、ごく平たく言うと、あるターゲットを熱した後に、50%温度を下がるのに必要な時間です。

大きな石などは1時間くらいでしょうか。
小さな砂だと5秒くらいでしょうか。

そうだとすると大きな石を破壊するには1時間以内で十分な熱を与えなければならいというのは理解できるかと思います。あまりダラダラ熱を与えていては熱が逃げて十分に温度が上がりません。

シミの原因になるメラノソームの熱緩和時間は50ナノ秒(10のマイナス6乗秒)なのでそれ以下の時間で熱を照射しないと、選択的にメラノソームを破壊することにはなりません。
メラノソームの場合、逃げた熱は表皮そのものに炎症を及ぼしますので、とりわけ、なるべく短い時間に破壊した方がいい、ということになります。

そこまでは従来の選択性理論なのですが、ピコ秒(1のマイナス9乗秒)でレーザーを照射できるピコレーザーでは、従来の選択性の理論のようにレーザーのエネルギーを熱に変換し、その熱でメラノソームを破壊するのではなく、エネルギーが衝撃波に変換され、その衝撃波で色素を破壊しているようです。訂正しお詫びします。

ぜひお試しくださいませ。

理事長ブログ | しみ | comments(0) | trackbaks(0)
採用情報
採用情報
医師 看護師
病気から選ぶ
  • おおしま皮膚科
  • 小島内科クリニック